利益に直接関係しやすいのがスプレッドになります。

今回はZaifのスプレッドについて徹底解説しましたのでご紹介します。

そもそもスプレッドを知らない方もいると思いますので簡単に説明だけしておきますね。

それではまずはスプレッドについて簡単に説明していきますね!

 

スプレッドとは

スプレッドとは仮想通貨だけではなくFXなどでも良く使われる言葉になります。

簡単にスプレッドを説明すると、購入価格と売却価格の差になります。

1BTC購入するのに200万円、売却する時は195万円。

この時のスプレッドは5万円になります。

このスプレッドは取引所や仮想通貨の銘柄によっても異なります。

しかもスプレッドが小さければ利益を出しやすいんですよね。

なぜなら、スプレッドが小さければ、少しの値動きで利益になるためです。

購入200万、売却195万、スプレッド5万円。

購入後価格が変動し、購入210万円、売却205万円、この時先ほど購入した仮想通貨を売却するとなると5万円の利益になります。

 

購入200万円、売却199万円、スプレッド1万円。

購入後価格が変動し、購入210万円、売却209万円、この時売却すると9万円の利益になります。

 

上記の例を見ていただければわかるように、スプレッドによってあなたの利益はだいぶ変わってくると思います。

それでは次はZaifのスプレッドを紹介します。

 

Zaifのスプレッドはどのぐらいなの?

スプレッドは固定されているところもあれば変動してしまうところもあります。

なので正確にはどのぐらいのスプレッドなのか説明することが難しいのですが、簡単に説明したいと思います。

ビットコインに関してはコインチェックが1番スプレッドが小さく、次はZaif、その次はビットフライヤーになります。

アルトコインに関してはZaifが1番スプレッドが小さいです。

なぜアルトコインでZaifのスプレッドが1番小さいのかと言いますと、それはアルトコインの購入方法が関係しています。

他の取引所ではアルトコインの購入は販売所でしか購入できません。

販売所は販売所がかアルトコインの価格を設定して、販売しているため手数料を上乗せした価格で販売されています。

通常8万円のアルトコインを8万5000円で販売し、通常7万円で売却できるところを7万5000円で売却するという形になります。

そうなるとスプレッドの幅が広がり利益が出しにくい形になってしまいます。

ですがZaifではアルトコインも販売所ではなく取引所で購入することができます。

取引所はユーザー同士で取引をおこなうことができ、適正価格で取引することができます。

指値注文できるため、スプレッドが小さく、利益を出しやすい取引方法になります。

そのためZaifで取扱のある

イーサリアムやビットコインキャッシュ、ネム、モナコインなどの取引を検討されている方はZaifで取引することをおすすめします!