仮想通貨取引所のZaifの特徴を3つご紹介します。

Zaifは国内TOP3に入るほどの人気と実績、歴史がある取引所になります。

金融庁にも登録されている仮想通貨取引所になりますので安全性は保証されている形になります。

それでは早速Zaif取引所の特徴3つをご紹介していきますね。

Zaif3つの特徴【まとめ】

ビットコイン取引手数料がキャッシュバックされる

ビットコインの取引手数料がキャッシュバックされます。

購入でも売却でもどちらでもキャッシュバックされる国内唯一の特徴を持つ取引所になります。

購入では0.05%の手数料がキャッシュバックされます。売却時は0.01%の手数料がキャッシュバックされます。

その他アルトコインは購入時は手数料無料、売却時はアルトコインの種類によって違いますが基本的には0.1%の手数料が発生します。

ビットコインキャッシュだけ売却時の手数料は0.3%になります。その他アルトコインは0.1%の手数料になります。

通常手数料と聞くとこちらが支払うイメージですよね。

でもZaifの場合は違うんです!取引すればする程お金をもらうことができるんです!

コレ結構斬新な特徴だと私は思います。他の取引所と上手に差別化できているんだと思いますよ!

特にアルトコインの取引をしたいならZaifは私の中で1番おすすめの取引所になります。

 

Zaifコイン積立

国内唯一のコイン積立が可能になっています。

※今現在ビットフライヤーでも積立可能になりました(クレジットカードのみ)

1番最初にコイン積立を始めたZaif、コイン積立とは毎月一定額を自動で指定した仮想通貨を購入してくれるサービスです。

ビットフライヤーではビットコインだけしかコイン積立ができませんがZaifはビットコインとイーサリアムのコイン積立をすることができます。

積立することで毎月一定数の量を買うことができますのでドルコスト平均法によって安く購入できる可能性が高いのでリスク分散に繋がります!

 

多くのトークンを取り扱っている

Zaifでは多くのトークンを取り扱っています。

今現在ザイフトークンは9倍以上の価格にまで上昇していて今後も期待できるトークンの1つになります。

そのザイフトークンを購入することができるのはZaif取引所だけになります。

その他のトークンは以下をご覧ください。

Zaifの取り扱いトークン一覧

  • ZAIF(ザイフ)
  • XCP(カウンターパーティー)
  • BITCRISTALS(ビットクリスタルズ)
  • SJCX(ストレージコインX)
  • FSCC(フィスココイン)
  • PEPECASH(ペペキャッシュ)
  • CICC(カイカコイン)
  • NCXC(ネクスコイン)
  • JPYZ(ゼン)
  • CMS:ETH
  • CMS:XEM

ぺぺキャッシュなどのトークンも人気で今後さらに価値が上昇するのではないかと言われています。

 

まとめ

上記で説明した3つの特徴がZaifにはあります。

手数料がマイナスだったり、コイン積立ができたり、トークンの種類が豊富だったりと。

他の取引所でも言えることなのですが、取引所によって強み、デメリットは違います。

Zaifの強みはこちらで紹介した3つになります。

特にビットコインの取引がしたい方はZaifに登録しておくことをおすすめします。