何かと話題になる仮想通貨ですが、そんな仮想通貨を購入するには取引所の登録が必要になります。

 

今回は数ある取引所の中からZaif取引所の登録方法や口座開設手順を徹底的にご紹介します。

 

Zaifは取引所の中でも多くの仮想通貨の銘柄を取り扱っていて、さらに取引手数料がマイナスになるという素晴らしいメリットがあります。

 

さらにさらにコイン積立ができる数少ない取引所でもあります。

 

さらにネム(XEM)の購入ならダントツでZaifをおすすめします。その他イーサリアムも私的にはZaifおすすめ。

 

ということで早速Zaif(ザイフ)の登録方法、口座開設手順を紹介していきますね。

 

Zaif(ザイフ)の登録手順、口座開設方法【最新版】

最初にZaif(ザイフ)のホームページへ

Zaif(ザイフ)のホームページに移動すると上記画面になります。

 

>>Zaif公式サイトはコチラ

 

真ん中の「無料登録はコチラ」をクリックしてください。

クリックするとメールアドレスの入力がありますのであなたの登録したいメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

※フリーアドレス(ヤフーやGoogle)でも問題なく登録できます。

登録ボタンをクリックしていただくと上記の画面に切り替わります。

  • あなたの入力したメールアドレス宛に確認メールを送信したこと。
  • メール内に記載のURLから登録手続きを行なうこと。

このような記載がされていますので、先ほど入力したあなたのメールアドレス宛にZaif(ザイフ)からメールが来ていますので内容を確認してください。

 

Zaifからのメールを確認する

上記が実際にZaif(ザイフ)から送られてきた確認メールになります。

メールに記載されているURLをクリックして登録手続きに移行してください。

 

Zaifの登録手続き

ユーザー登録の手続き画面に切り替わりますので

  • 利用規約
  • 重要項目説明

2つを読んでいただき同意できればチェックマークにチェックをつけてくださいね。

 

その後パスワードの入力欄がありますのでパスワードとパスワード確認欄に記入していただき、同意して登録をクリックしてください。

 

※パスワードの強度は50%を超えるようにしてください!長めのパスワードや大文字小文字を混ぜると50%は超えますので安心してください。

 

他のアカウントで使用しているパスワードだとリスクが高まりますのでご注意ください。

 

ユーザー情報の登録

まずはユーザー情報の登録からになります。

 

先ほど設定したメールアドレスとパスワードでZaifにログインしてください。

 

すると上記画面に切り替わりますので、赤枠で囲われているところをクリックするとユーザー情報の登録画面に移行します。

 

上記赤枠が万が一表示されていない方は上部にあるアカウントをクリックしてください。

クリックしていただくと、基本情報登録という項目がありますのでクリックしていただければユーザー情報登録画面に移行します。

 

個人情報等の入力(STEP1)

 

上記画面の個人情報等を入力してください。

  • 個人か法人か
  • お名前
  • 名前のフリガナ
  • 生年月日
  • 郵便番号
  • 住所
  • ご連絡先電話番号
  • 使用言語
  • ご職業
  • お取引目的

を入力してください。

 

ちょっと困ったりつまずいてしまうポイントとしては外国PEPsについてじゃないかなって思います。

外国PEPsとは外国の政府等において重要な地位を占める者になります。

その親族や家族も該当します。

 

普通のサラリーマンなどには全く関係ないことなので「いいえ」にチェックをつけてください。

 

全ての入力内容を再度確認し問題なければ「次へ」をクリックしてください。

 

ショートメールでの電話番号認証(STEP2)

先ほどの次へをクリックしていただくと次はSTEP2のSMS(ショートメール)を受信する携帯番号の登録を行ないます。

 

携帯電番号の記入欄にご自身の電話番号を記入してください。

 

電話番号を記入しましたら次へをクリックしてください。

 

するとあなたの携帯電話番号宛にZaif(ザイフ)からショートメール(SMS)が送られてきます。

 

こちらが実際にZaifから送られてきたショートメール(SMS)になります。

 

6桁のZaifの認証コードが記載されています。

 

ショートメールで送られてZaif認証コードを上記画面に記載しましょう。

 

上記画面は電話番号を入力し、次へをクリックすると表示される画面になります。

 

認証コードを記載しましたら次へをクリックしてください。

 

※ショートメールが送られてこない場合はなどは上記画面の下にある

 

「認証コード(SMS)が送られて来ない場合をクリックしてください。

 

本人確認書類の提出(STEP3)

次は本人確認書類の提出(アップロード)になります。

私は運転免許証でアップロードしました。

以下が本人確認書類の例になります。

基本的には

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート

などではないでしょうか?

 

運転免許証がある方は運転免許証で、ない場合はマイナンバーカードかパスポートが一般的です。

 

本人確認書類が整ったらあとは写真を取りましょう。

 

撮影後は「ファイルを選択」から撮影した写真をアップロードしてください。

 

運転免許証の場合は表面のみの1枚の提出(アップロード)でOKです。

 

※私は表面の住所と現住所が違うため裏面の提出も必要なため裏面も提出しています。

 

表面と今現在の住所が違う方の場合は、上記作業を2回おこなう形になります。

ファイルを選択→運転免許証の表面アップロード

ファイルを選択→運転免許証の裏面をアップロード

 

アップロードが完了後は「本人確認の申請をする」をクリックしてください。

 

ユーザー情報と本人確認書類の提出は完了

これでユーザー情報と本人確認書類の提出は終了になります。

 

あとは本人確認書類をZaif(ザイフ)側で確認、審査する形になります。

 

審査が完了しますとZaif側から審査が完了したというメールが送られてきます。

 

私の場合は本人確認提出から2日後にメールが送られてきました。参考までに!

 

以下がそのメールになります。

メールの内容をまとめると

  • 本人確認書類の審査が完了した
  • 転送不要の簡易書留郵便を送った事

上記2つの内容になります。

 

ですのであとは転送不要の簡易書留郵便(ハガキ)が自宅に届くのを待つだけになります。

 

後で説明しますが、簡易書留郵便(ハガキ)が届くまでに時間がかかりますのでそれまでにやっておくべき設定がありますのでしっかり設定しておきましょう。

 

※審査完了までの時間を有効活用して設定するのでもいいです。

 

転送不要の簡易書留郵便

転送不要の簡易書留郵便は3営業部が到着の目安になっています。

 

私はメール受信から4日後に転送不要の簡易書留郵便が届きました。

 

以下がZaifから送られてきた転送不要の簡易書留郵便(ハガキ)になります。

こちらを開いていただくと、6桁の本人確認コードが記載されています。

こちらの右側に記載されているコードが本人確認コードになります。

 

いや~感謝。かっこいいですね。

 

この簡易書留郵便には6桁の本人確認コードが記載されていまして、Zaifのホームページで本人確認コードを入力することが最終的な本人確認が完了します。

 

本人確認コードを入力する

転送不要の簡易書留郵便(ハガキ)に記載されている本人確認コードを入力しましょう。

 

まずはZaif(ザイフ)にログインしていただき、上部にある「アカウント」をクリックしてください。

 

すると上記画面に切り替わりますので「本人確認」をクリックしてください。

すると以下の画面になります。

 

下部に本人確認コードを入力してくださいと記載されていますので、

入力欄に転送不要の簡易書留郵便(ハガキ)に記載されていた本人確認コードを入力してください。

 

これで最終的な本人確認が完了しました。

 

入金や出金、取引などの全機能を利用することができるようになりました。

 

最終的な本人確認が完了することで入金や出金、取引などZaifの全機能を利用することができます。

 

やっておくべき二段階認証の設定方法※必須

本人確認の審査の完了前にやっておくべき二段階認証の設定をご紹介します。

 

それか転送不要の簡易書留郵便が届く前に設定を行ないましょう。

 

でも二段階認証の設定って何?と思う方もいると思います。

 

簡単に二段階認証をまとめるとセキュリティーが向上する!ってことです。

 

現に最近ではコインチェック(coincheck)で580億円相当のMENが不正に送金されたニュースがありましたよね。

 

あのような場合は二段階認証の設定をしていても全く効果がなかったですが、アカウントの盗難や仮想通貨の盗難、不正送金などのリスクをすこしでも減らすためにも設定しておきましょう。

 

では早速Zaif(ザイフ)での二段階認証の設定方法をご紹介します。

 

Zaifにログインしてください

Zaif(ザイフ)にログインしていただくと上記の画面になります。

どちらも同じ画面に移行するのですが

  1. 赤枠の「アカウントとセキュリティ」をクリック
  2. 緑枠のアカウント→二段階認証設定をクリック

どちらの方法でもいいですので進んでください。

 

二段階認証設定に必要なアプリをインストールする

二段階認証設定にはアプリのインストールが必要ですのであなたがお使いのOSからアプリを選択してください。

 

私はiPhoneを使用していますのでGoogle Authenticatorをインストールしましたのでそれを例にご紹介します。

 

なんかGoogleという安心感で私は選びました笑

 

まずはAppStore(iphoneの場合)でGoogle Authenticatorを検索して、インストールしてください。

 

インストールできましたら、上記画面の「2段階認証の設定を開始」をクリックしてください。

 

このような画面に切り替わります。

 

表示されているQRコードはすぐ必要になりますのでそのままで。

 

次は先ほどインストールしたGoogle Authenticatorを起動してください。

 

起動すると以下の画面になります。

 

 

プラスマークがありますのでタップしてください。

 

すると「バーコードをスキャン」を表示されますのでタップしてください。

 

ここまで来たら先ほどのQRコードをスキャンしてください。

 

スキャンして読み取ると、アプリ内に6桁の二段認証に必要なコードが生成されます。

 

この6桁のコードは一定時間を過ぎるとランダムでまた新しいコードが生成される仕組みになっているためセキュリティの強化ができるということです。

 

6桁のコードを先ほどのQRコードをスキャンした画面の1番下にある入力欄に入力していただき、「確認」ボタンをクリックしてください。

 

2段階認証を使う場面の設定とバックアップ用のコードの保管

私は初期設定のまま2段階認証の設定は終了しました。

 

いちいち2段階認証コードを入力するのが面倒くさいという方は自己責任でログイン時のみだけチェックマークを入れて設定していただければと思います。

 

なんらかの影響でアプリが利用できなくなった場合のためのバックアップコードがありますので忘れずに印刷または手書きで残しておくことをおすすめします。

 

これでZaif(ザイフ)の2段階認証の設定は終了になります。

 

これで安心して取引することができますね。

 

あとは転送不要の簡易書留郵便(ハガキ)が自宅に届くのを待つだけです。

 

届けばあとは取引ができるようになりますよ!

 

終わりに

Zaif(ザイフ)の登録方法、口座開設方法をご紹介しました。

 

文章で説明すると長いイメージがあるかもしれませんが、とても簡単に登録することができます。

 

私も最初は勘違いしていたのですが、登録当日には取引できるものだと思っていました。

 

ですが登録してから本人確認の審査などで取引できるまでに日数がかかってしまいますので

 

早め早めに登録しておくことをおすすめします。

 

今さら仮想通貨は遅いだろ…

 

と思っている方もいるかもしれませんがまだまだ2018年も盛り上がること間違い無しですので

 

今始めるのか?半年後に始めるのか?

 

これは大きな差になってきますよ。

 

だってビットコインだって去年の始めは40万円だったのが最高値200万円までいきましたからね。